ふるさと回帰フェアinTOKYO で ゲストハウス&女子旅PR!

今年で10回目を迎える「ふるさと回帰フェア」。
地域を元気にしたいという思いを持った地方公共団体や活動団体が、都市圏の方に田舎をPRするイベント。
furusatokaiki01.jpg
今年は東京国際フォーラムで開催され、これまでにない賑わいを見せていました。
1日で1万人が来場・・・って聞くともうちょっと集客できてもいいんじゃないかと思いますが、まあ、良しとしましょう。

奄美からは、
奄美大島南部の瀬戸内町。
furusatokaiki02.jpg
今年は、16組が相談にみえました。
20代~30代が半数くらいだとか。
場所柄なのか、若者が関心を持ち始めたのか・・・奄美への移住の問い合わせと似た傾向がみられました。

徳之島・伊仙町もがんばりました。
ゲストハウス改修のお手伝いをしてくれている地元工務店の息子さん、
奄美大島大和村の係長も、PRがんばりました

furusatokaiki03.jpg

furusatokaiki04.jpg

ほかの地域のリサーチも忘れません。面白い取り組み、印象に残った地域をご紹介します。
 山口県周防大島 サービス依存症の都会人に「シマグラシS錠
 大分県臼杵市 「臼杵時間、体験
 徳島県伊座利 島deキャバクラ (70歳くらいから最高齢は91歳のおばあちゃんがキャバ嬢となって、移住希望者に地域のいろんな話をしてくれるキャバクラ)全国に広めたいらしい・・・素敵な企画でした。