花良治おもてなしハウスでお掃除講習会

翌朝は、 おもてなしハウスのお掃除です。
お掃除番長のみっちゃん指揮のもと、 4班に分かれての掃除。
水周りは、元ホテルマンのY氏によるお掃除指導もありました。
keraji_omotenashihouse201501 (3).jpg
鏡に水滴が残らないようにこうやって、キュキュキュ!バスタブや床、壁も水分を残さないようにタオルで丁寧に水滴を拭き取るんだぞ~。



keraji_omotenashihouse201501 (4).jpg
台所も・・・
keraji_omotenashihouse201501 (1).jpg
庭も・・・
午後は、 カレーナポリタン?で腹ごしらえをして
kikai_kanko201501 (6).jpg

喜界島と花良治集落散策。定年後島にUターンした、 おもてなしハウス強力サポーターのMさんが案内してくださいました。 子供のころに遊んでいたという水源地やたんかん畑、 絶好の釣りポイントなどを散策しました。
kikai_kanko201501 (7).jpg
巨大ガジュマルはパワースポット
kikai_kanko201501 (5).jpg
戦跡も随所にみされます
kikai_kanko201501 (4).jpg
湧水池にはサトウキビの苗がつけられている
kikai_kanko201501 (2).jpg
集落からすぐのところにある秘境・水源地はきれいな林に囲まれ、リュウキュウアサギマダラが飛び交っていました。
kikai_kanko201501 (1).jpg
成人男性の背丈ほどもある石敢當

集落散策後は、花良治集落の生活館でまじめな会議「第2回群島空き家部会」です。

伊藤会長からおもてなしハウス運営の精神や、苦労話、今の悩みなどが語られました。
「50万円でどうやって改修したのか。」の質問に対し伊藤会長は、「(本当は地元にお金をおとしたいけど)備品はとにかくネットで安いものを探した。
修繕も自分たちのできることはすべてやった。不足分や運営に必要な経費は有志が出資して賄っている。 」 と回答し、みな驚嘆しました。
また、おもてなしハウス運営の精神を聞き、どんな人に来てほしいのか、何故空き家活用に取り組むのか、明確な目的が、活動の継続につながることを認識した様子でした。