品川宿「うぎのねどこ」に沖永良部島が出現!

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

東海道五十三次の第一宿場町「品川宿」。
この品川宿にに2015年9月にオープンしたのが「うなぎのねどこ」。
今宵、ここに、沖永良部島が出現しました~!
イベントチラシ.jpg
                          @うなぎのねどこ

うなぎのねどこは、空き店舗を改修したコ・ワーキングスペースで、オーナーはまちひとこと総合計画室の田邉寛子さん。
沖永良部島の「えらぶゆり地域活性化プラン」の策定に携わった経験から、東京と沖永良部島をつなぐ架け橋役としても活躍されています。

今回沖永良部からは、農協や漁協のほか、"わっしょい安田"こと役場職員宣伝マンの安田拓さんが上京。
田邊さんがつないだ地域食材のレストランFUNEで、沖永良部食材をPRが目的で、今日はその前夜祭。
沖永良部島の農協、漁協のみなさんが食材を調理して、イベントに参加した15名の食関係者や島好きの方に振舞います。
ソデイカ料理人.jpg


沖永良部民謡にえらぶゆりのマスコットリリリーちゃんも登場して、宴は最高潮に達します。
沖永良部ナイト.jpg

みんなでリリリーとハイチーズ!
沖永良部ナイト2.jpg

そして、今回は、沖永良部島のお隣の島・徳之島からは無農薬セロリも駆けつけました。
義山農園のセロリは、1束の大きさが2歳児くらい(驚)
野菜ステッィクや野菜スープ、パスタの具にしたりして味わっていただきました。
とってもジューシーで苦くないと、参加者15人で3束をペロリとたいらげてしまいました。
無農薬セロリ.jpg

島の秘密基地として、島のPR基地として、是非、うなぎのねどこをご愛用ください。

※うなぎのねどこは、京浜急行新馬場(しんばんば)駅北口より徒歩5分。スーパーホテル品川・新馬場の隣にあります。