面白ツアーが続々誕生!空き家再生ゲストハウス「あむとぅ」

2014年、徳之島・伊仙町の検福集落に誕生した空き家再生ゲストハウス「あむとぅ」
昨年、東京から芝浦工業大学の佐藤ゼミが来島し、あむとぅの活用策を考えました。
学生に感化されてか、地元の若者らも動きはじめました。
『20年ぶりの青年団』、『検福ツアー実行委員会』の結成と盛り上がりを見せています。
でも、何からどうして良いのか分からないということで、相談を受けて、早速、
徳之島に飛びました。
guesthouse amuto2016.jpgのサムネイル画像

あむとぅは、小学生と一緒に植えたエラブユリが花を咲かせ、
elabuyuri.jpg
パパイヤも成長、
papaya.jpg
バナナもすくすく育っていました。
BANANA.jpg

で、夜集まったのは、商店経営、農家の青年、看護士、不動産業者、福祉関係職員、役場職員・・仕事を終えた7名の侍。
13177045_1004959116248527_6430627751286292376_n.jpg
久々の再会に・・・乾杯
今年の成功への期待・・・乾杯
ベッキー復活に・・・乾杯
してスタート。

島外の人に「あむとぅ」に滞在してもらいながら、こんなことしてもらえたいいな、というアイデアを出し合いました。
飲んで忘れてないことを祈りたい。

【小規模校を救え! 9月第3週
児童数が十数人の小規模小学校の運動会に参加。
参加者が少ないので全プログラムに参加させられるかも!?
でも、一躍スターにもなれる。
小規模校への就学を考える家族には、是非参加して欲しい。

【島人になった気分満載!】
いせん親子チャレンジプログラム2016に参加。
川遊び、ウミガメ観察、運動会直前走り方教室、餅つき、ホエールウォッチングなどができる。
島で暮らす親子と自然と会話が弾む良い機会。

青年団員になって、面縄(おもなわ)夏祭りを盛り上げよう! 7月31日
面縄夏祭りに検福青年団が出店するお店のお手伝い。
浜辺の目の前で打ち上げられる花火は圧巻。
お手伝いをしながら、青年団員と仲良くなれば、驚く体験が待っているかも。

【徳之島といえば!ナイター闘牛 7月17日】

と・・・、だんだんとお酒もまわりはじめてきたところで、さらにアイデア炸裂

【徳之島といえば!ハブツアー】
ハブって怖くないの?噛まれないためには?ハブって・・・
ハブに噛まれた人、ハブを捕まえた人から、ハブとの幸せな付き合い方を学ぶ。

【気分は青年団ツアー! いつでも】
一緒に女子旅の企画を考えてもらおう!
やっぱり、未婚女子!
自分たちのおちゃらけ話も楽しんで聞いてくれる、気分は青年団女子!
名刺は婚姻届でいいんじゃない?

【無心になるツアー!】
じゃがいもの赤土落とし 冬~春
ウギハギ(収穫したさとうきびの葉を落とす) 冬~春
ハリセンボンのハリをぬく