和泊町 ヤドカリ隊 「貸し農園」プロジェクト

若者が減ってさみしくなる集落を、なんとか元気にしたい!
と立ち上がった、沖永良部島の和泊集落青年団幹部。
活動チームに「わどまりヤドカリ隊」と名付け、
島に住みたい人に空き家を貸すための取り組みを進めてきました。
yadokaritai.jpgのサムネイル画像

空き家の賃貸は順調で、次なる取り組みを始めたようです。
その名も「貸し農園プロジェクト」。

島外に住む出身の方が所有する広大な耕作放棄地を、
ヤドカリ隊メンバーで耕し、転勤族など農地を持っていない方に貸して、
地元の方と一緒に作物を育てながら、島暮らしを楽しんでもらおうというもの。

奄美新聞の一面にも紹介されました。
14991992_1140035102740927_3431083785135981136_n.jpg
奄美新聞(2016年11月10日)

空き家活用の検討を始めた頃は、
リスクに対する不安ばかりが先行しましたが、
空家を貸すという小さな成功例ができたことで、
次につなげられた活動だと思います。

いつも、仕事の帰りに役場の会議室に集まって、
食事もせずに地味な作業をしてきたヤドカリ隊の隊員。

その地道な作業のたまものだと思います。

ますますの活躍を楽しみにしています!