徳之島 天城町で奄美トレイルコース選定ワークショップ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

9月18日、天城町で世界遺産トレイルコース選定のワークショップが開催されました。
弊社も、ワークショップ運営のお手伝いしました。
tokunosimaairport

奄美トレイルとは、亜熱帯の森、白い砂浜、珊瑚の石垣のある集落など、奄美
ならではの自然や文化にふれあうことのできる道のこと。

徳之島には、まだまだ知られていない数多くの魅力スポットや心地よい道が眠っていました。

講師の野元尚巳さんや鹿児島県の担当者とともに候補の道を視察します。

普段通る県道を1本はずれて、畑や海沿いの道をくねくねと迷子になりそうにながら進むと、いろんな景色や自然に出会います。

tokunoshimia20180912.jpg
ウニユ塩湖のような海と獲物をねらうおじい

tokunoshima20180905.jpg
断崖絶壁

tokunoshima20180904.jpg
広がるキビ畑

tokunoshima20180903.jpg
めじろの巣

tokunoshima20180901.jpg


tokunoshimia20180907.jpg
年代不明の線刻画

tokunoshimia20180908.jpg
傘になりそうなくわずいも

tokunoshimia20180910.jpg
広がる青い空と海

tokunoshimia20180906.jpg
自然のなかに放たれたにわとりの大群

tokunoshimia20180914.jpg
長―い階段を上ると鉱山跡と天城町の平野が一望できるのです

tokunoshimia20180911.jpg
野鳥の飛来するマングローブ

tokunoshima20180916.jpg
森の中のオアシス

tokunoshima20180917.jpg
集落の手作りマップもありました

tokunoshima20180902.jpg
夕景

そんな徳之島の空の玄関口天城町で、ワークショップ。
地域おこし協力隊が考案したコース案をもとに、みんなでコースを話し合いました。
年配の区長さんの物知り度合いに、一同脱帽。
4tokunoshimia20180913.jpg

3時間は長くて疲れるかな、と思いましたが、まだまだ時間が足りないほど。
10名という少ない参加者数でしたが、会場いっぱいに人がいるような白熱ぶりでした。