屋久島のウミガメに関するWEBサイトがオープンしました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

アカウミガメは、北太平洋では日本列島だけが産卵地になっています。
そのうち約4分の1が屋久島で産卵すると言われています。
ウミガメが産卵孵化する浜の環境を保全しながら利用するしくみを長年にわたり議論し続け、行動し続けてきた屋久島。

このたび屋久島のウミガメにかかわる集落や団体、行政機関がひとつにまとまった組織が立ち上がり、
屋久島のウミガメに関するWEBサイト(運営:屋久島町エコツーリズム推進協議会のウミガメ保護利用専門部会)がオープンしました。

今年度、ウミガメ観察会(運営:永田ウミガメ連絡協議会)が行われている永田浜では、今年度は新型コロナウイルス感染症予防のため全面的に中止が決定しましたが、事態収束後は、新たなしくみのもと世界のモデルとなるウミガメの保護と利用がみられることになると思います。

まだまだ自粛生活が続いているかと思いますが、みなさまにおかれてはお身体を大切にご自愛ください。