久々の屋久島

大学卒業後に就職した株式会社メッツ研究所。

業務で一番長い時間を過ごしたのが世界自然遺産の島・屋久島でした。

そのなかでも一番の記憶に残る業務のひとつが、ウミガメが上陸産卵する永田いなか浜の保全と利用を考えるプロジェクト。

総論賛成各論反対を学べる場でもありました。

理想とロジックではまとまらないのが人間なのだと...。

最初の議論から15年。

今回は、永田いなか浜だけでなく、うみがめの監視・観察活動を行う中間、栗地区も含めた屋久島全体の議論。

「エコツーリズム推進法」に加え、新しい「地域自然資産法」も加わり、もう住民にとってはなんのこちゃってございますが、難しいことは行政にまかせるとして、島全体で進もうという議論は、これからの展開が楽しみです。

yakushima.jpg

翌日は、トッピーで鹿児島へ。

yakushima02.jpg

そうそう、今回知ったのですが、奄美在住でも鹿児島・屋久島間のJALの離島割引が使えるのです。

鹿児島市内に出るには、トッピーで約9,200円、JAL離島割で7,600円+1,300円(空港から鹿児島市内への連絡バス)=8,900円。所要時間もあまり変わらないから、実は飛行機も価値ありなのです。

奄美から屋久島には、マルエーフェリーの「どんどん屋久島」で、奄美大島名瀬から屋久島、鹿児島まで14,000円。

でも、鹿児島離島民だと、JAL離島割(7,600円)とスカイマーク(いま得で6,000円~9,000円)を使えば、なんど同程度の料金でいけちゃうのです。

ということで、離島割を駆使して、住民交流もしたいですね。

脱線しちゃいましたが、久々の屋久島は、素敵な出会いもあり、何かから解放された時間でした。

またね、屋久島。


伊仙町でモデル集落の取り組みがスタートしました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

久しぶりの投稿です。

伊仙町で、空き家再生ゲストハウス「あむとぅ」立ち上げからもう6年が経とうとしています。

は、早い。

伊仙町と協定を結び、空き家活用や移住定住促進に取り組む芝浦工業大学のサポートで、1年ぶりの徳之島です。

あむとぅのまわりには、あむとぅ2番館(検福集落)、うんのう東館(面縄集落)、心ちゃんち(阿三集落)など、一軒家タイプの民泊が次々と誕生していました。

74438325_2451043108306780_1174373856933052416_n.jpg

73326793_2449698485107909_2493527436461867008_n.jpg

旬の果物も待っていてくれています。

74522433_2449831881761236_3890100511625445376_n.jpg

しばらく滞在しながら、夜は住民ワークショップ。

伊仙町のスローガン「集中から分散へ」。

まちなかに機能を集中させずに分散させようというもの。

今回は特に「教育」がテーマ。国会でも議論されていますが、平等に教育を受ける機会、さらにいえば田舎ほど魅力ある教育を考えながら、施設の在り方を検討します。

モデル集落は、伊仙町阿三・鹿浦集落と検福集落です。

住民ヒアリングなどの基礎調査結果を踏まえて、今年度3回程度の住民ワークショップを開き、方向性をとりまとめます。

伊仙町の将来はますます楽しみになったワークショップでした。

ワークショップが終わる頃、いい匂いがしてきたと思ったら、

74205686_2451888328222258_6555509172018872320_n.jpg

集落の方のサプライズにより、ビールと焼きそばと名物"牛汁(ぎゅうじる)"で懇親会。

74883015_2451888131555611_7717201480880488448_n.jpgのサムネイル画像

伊仙町の将来はますます楽しみになったワークショップでした。



徳之島で育ったサンルージュ「日ノ茜」登場!

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

赤い緑茶「サンルージュ」をご存知ですか?

知る人ぞ知る徳之島で生産されている「サンルージュ」が商品になりました。

その名は「日ノ茜」(製造販売元は日本製紙)。

なんと、ボケ防止にもなるそうです。

2月9日、11日、品川宿で開催する"徳之島マルシェ"で商品紹介いたします!

ぜひ徳之島マルシェにお越しください!


徳之島マルシェin品川宿

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

品川宿にあるコミュニティスペースうなぎのねどこに徳之島が出現します!
南の島徳之島の新じゃが、黒糖焼酎など島の味をお届けします。

日時:2019年2月9日(土)、11日(月・祝)
   両日とも10時~17時(売り切れ御免)

展示会パンフレット-20190209.jpg

場所:うなぎのねどこ
74-1.jpg

住所:品川区北品川2丁目30−26

電話:03-6433-0413
アクセス:新馬場駅徒歩5分(京急線は各駅停車に乗車)
 新馬場駅の北口改札を出て、その向きのまま、階段をおりる。
 前方のドトールを右手に見てその角を右折し北参道商店街を道なりに歩く。
 突き当たりの八百屋を右折し、大きな通り(山手通り)の信号を渡る。
 右手のスーパーホテル隣り木造2階だて。

商品:黒糖焼酎 詳細はこちら
(予定)ブラック奄美 720ml 40%
   瑠璃色の空 720ml 30%
   奄美紙パック  1800ml 30%
   奄美の匠 900ml 25%
   煌めきの島 900ml 25%
   有機栽培の新じゃが(ニシユタカ) Sサイズを量り売り!(義山農園)
   野生のみかんシークニン果汁とポン酢(ダイキチ食品)
   ピーナッツ黒糖(平井製菓)
   赤い緑茶「日ノ茜」(日本製紙)※見本商品のみ